カテゴリ:  ++地鎮祭( 2 )


そして当日


朝9時に神社へお迎えです


荷物があるので神社のお迎えの場所も詳しく確認したほうがいいと思います

我が家はいつもお参りの再少し離れた第一駐車場へ止めていたんですが

第三駐車場の方から神社内に入れたそうで少し迷ってしまいました・・・(^^ゞ


現地到着するとこれからお願いするかしの木建設から二名すでに到着して準備されてました

すぐに建築家中安さんも到着されて

ちゃっちゃと準備がはじまりました

私とパパはなにもわからずオロオロしてましたが


お供え物も全て祭壇の準備は神主さんが準備されました。





d0085711_14411181.jpg






準備が終わると神主さんはお着替えされて

はじまりました




d0085711_1443274.jpg




d0085711_14442994.jpg




d0085711_14432575.jpg






はじまってもご自由に撮影してくださいとのことで

我が家も中安さんもかしの木さんもちょこちょこ撮影しました

最後に全員でも記念撮影しました。


こんなこと一生に一度ですからね(*^^)v


終わるとかたずけがはじまり

神主さんは着替えもされます

ネットで初穂料のタイミングは?着替えの前・・・とあったので

パパには事前に言ってあったのでこのタイミングはよかったのですが・・・

控えておいたタクシ-会社へ連絡すると・・・


一件目いっぱいで断られてしまいました(~_~;)

けっこうあせって二件目電話したらそこもだめで


さいごご近所さんに駆け込み近くのタクシ-会社を教えていただき

すぐに来ていただけました・・・・ほっと一安心でした(^_^;)



工事でこれからご迷惑がかかるということで

ご近所へご挨拶してまわったのですが

ご近所一軒しかいなくて他は皆さん留守でご挨拶もすぐに終わり

その足でかしの木建設の工場へ

我が家の使う木の確認へ行きました。




d0085711_14571623.jpg






こちらが○○さんの確保してあるココの部分の木材です・・・などなど説明があり

見ていきます

チョ-クで○○邸と書かれています

見た目まっくろでボロボロでその説明もしてくれます

かしの木建設はここの工場で置きっぱなしにして乾燥させたものを

削ってから使うので雨風にさらされた状態でこうなってるそうです。

のでもうすでに乾燥して割れも入ってるので

家がたってからの収縮が少なくて済むということなのです。


ひととおり説明が終わり今度は中安さんとかしの木さんで確認が始まり

わたしたちには外国語状態です

こっちをさしてとか?ここはどうするとか?


ここまでくるとやっと現実味がでてきました。




そして解散して昼食を済ませ


残りのあいさつ回りへ戻りました



ご近所2件まわりそれ以外にも

土地を売ってくださった地主さんへも3件近いので御挨拶してまわりました

土地へ戻るとかしの木のNさんが

我が家のキウイの木をのこぎりで切ってくださっていました


機械でグワ---ってやると思っていたから


家にもかかってるのできっちゃってくださいなんて気軽に言ったら


手作業なんて(^_^;)


汗だくでやってくださっていました。ありがとうございました<(_ _)>


こんなかんじで無事地鎮祭を済ませることができ


17日から工事がはじまりました。









にほんブログ村 住まいブログへ
  
にほんブログ村 インテリアブログへ

[PR]
by ecru-rippunonegao | 2008-11-18 14:29 |   ++地鎮祭


先週金曜に長い道のりでしたが

地鎮祭を無事迎えることができました。



準備したことといったら・・・

神社を選ぶ
 ・近くの氏神様で地鎮祭で来ていただけるところを探す。
 ・工務店、施工業者に聞いてみる。


神社に連絡する
 ・時間、日時が決まったら早めに連絡しました
 結婚式などでいっぱいになるときがあるそうです。
 ・細かい準備品など教えていただけました。


人数が確定したら神社に連絡。
 ・玉ぐしが人数分必要らしく連絡しました。その際工務店、設計事務所の正式な名前、後株前株などを聞かれました。


準備品
 ・工務店・・・・・・○笹竹 4本、○盛砂 ○バケツ3杯、○しめ縄、 
○桑入れ用の桑(我が家は神社側が用意しました)


 ・自分で用意した物・・・・・・○初穂料(もう神社から金額指定がありました、
祝儀袋はホ-ムセンタ-に売ってました)、
○お車代(お迎えはしましたが終わった後ご近所へ挨拶まわりがあったのでタクシ-でお帰りいただくため、袋はお車代と書きお渡ししました。)
○御供え物・・・・季節のもので
海のもの(我が家-昆布、するめ、はまぐり、3点~5点。その他-尾頭付きのさかな、鯛、わかめ、鰹節などなど

山のもの(我が家-野菜・・かぶ、なす、きゅうり、にんじん、五種類くらいス-パ-で袋のまま。その他-だいこん、白菜、キャベツ、などなど。にらにんにくなど匂いのあるものはおさけくださいと言われました。くだもの・・みかん、かき、りんご、グレ-プフル-ツ、ボ-ル状のものなら10個くらい

御米 三合~五合(前の日に洗って乾かしたもの)

清酒 一升(全て使わなかったけど最後全員で乾杯しました今回は神社にて小皿が用意されましたが、一応紙コップも用意したほうがいいみたいです。)

塩 一合(一袋そのまま持っていきました。)

水 一合(ペットボトルでそのまま持って行きました。)

 ・神社で用意した物・・・・・・○祭壇、しれ、榊、鍬(くわ)、鎌(かま)、鋤(すき)(設計者が鎌(カマ)、施主が鍬(クワ)、施工者が鋤(スキ)でえい!えい!えい!っとやりました。
御供え物など祭壇の準備は手際よく神主さんが準備していただきその際はさみ、紙、紐、など小道具も持参されていました。するめがなかなか袋の見た目がいいものがなくてス-パ-はしごしましたが・・結局袋からだして和紙でくるみ持ってこられた紐でむすんでお供えしていただきました。


祭壇はこんなかんじです。

d0085711_14175680.jpg




そして初穂料、準備品、当日準備はこんな感じ

d0085711_14185847.jpg







にほんブログ村 住まいブログへ
  
にほんブログ村 インテリアブログへ

[PR]
by ecru-rippunonegao | 2008-11-17 14:22 |   ++地鎮祭